ブレイクタイム

2013.11.21

思い出の大連(日常生活)

 2008年1月から2011月6月末まで大連で3年半生活しました。 そのあたりの一端をご紹介します。

2008年1月から2010年6月まで前半2年半は大連市街から北へ40Kmの経済開発区という地域で過ごしました。 経済開発区は30年位昔は、荷馬車が走る農村でしたが、日本のメーカーの工場が進出し発展した地域です。

日本企業働いている人たちは、大連市内や他の東北地域から来た若い人が多く、とても活気があります。 はやく現地になれるため、平日は仕事、週末は中国人が日常出かける場所に行き、食べ、飲み、学び(真似び)ました。 スーパや露天で買った日常の「食」のところから写真を紹介します。

大通りはスーパーやマンションが立ち並び、日々近代的なビルができ都会のようになってきています。しかし 一歩、裏通りに入ると昔ながらの人々の生活が残っています。 ここでは朝からお店の前に露店がでます。 週末は「人と露天で」通りがいっぱいになります。 この活気が大好きで週末には、朝から出かけます。

(裏通り街並み)

 千成和面(日本風ラーメン)という店です。 具は豊富で見た目は見ていますが中国味です。 (日本人にあったことはありません) 日本味が恋しいときは「餃子の王将」にいきます。(お客は日本人駐在者と思える家族をときどき見かけました)

水は飲めないので飲料器は必需品。電話一本で水の補給してくれ、安くて便利(10リットル10元位)

スーパーにいけばなんでも揃います。 食糧、衣類、備品など沢山あるのでほとんど困りません。

まずは幼児用の辞書を購入しました。 絵がついているので、指差で誰でも通じます!!

大連晩報(タブロイド版新聞) バス停留所近くの道端でお年寄りが売っています(昔0.5元→現在1元)

写真入りで現地情報やアパート情報など内容豊富、日本の記事もでるので見ていて楽しい。

ヨーグルト(蒙牛:有名な食品メーカの名前)

インスタントラーメン(沢山の種類がありますが、味は日本とは違います。あまり慣れませんでした)

おやつ(小腹がすいたとき、よく買いました。牛、豚、鳥、羊、野菜ほか具により多数、路地裏の店先で蒸かして売っています。 4つで1元(15円位) 、透明のビニール袋に突っ込んで渡してくれます。

缶ビール(青島、北京、大連、ハルピンなどご当地ビール、日本のキリン、アサヒ、サッポトロ、サントリなど生と発泡酒もあり)

これは北京ビール(2.5元=約50円)の写真

N.H

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

お問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください!

03-5439-7363

【平日】9:00-18:00 【担当】営業窓口

メールでのお問い合わせはこちら

フィード

ブログ内検索

ページの先頭へ